蓬松養生院(旧・柳原はりきゅう院)

「森立之研究会」や「伝統医療游の会」など、伝統医学の古典考証や研究を綴ります。

2021年06月

伝統医学の「虚実」(11)、「滞り」と疎通-1

 かわいいダンボ様、「虚実の常識-1」へのコメントありがとうございます。読者から、当ブログへの二人目のコメンテーターが出て来て下さった事に感謝し、喜んでおります。これからも、遠慮無くご意見を頂けると嬉しいです。
 コメント内容は「先生が施術中におっしゃっている肩甲骨がフリーズしてると言うのが虚実の実で、シャットダウンしたと言うのが虚実の虚ということですか?」との質問ですね。お答えする前に、近頃私が「フリーズ」や「シャットダウン」と表現している事に付いて確認して置きますが、「パソコンの状態に例えて言って居る」のは判りますね?
 現代では大多数はパソコン(以下「PC」と略記)を所有していて、恐らくは殆どの人に使用経験が有るので、「意図が伝わり易い例え」では無いか?と思って多用しました。ご質問は「肩甲骨」ですが、当方は「可動性が低下して凝り固まった関節」の事を、感覚的に「freeze、凍結」と表現して来ましたが、コンピューターについては専門外ですので、正確さに欠ける所が有ったかも知れません。
 一応ネットで調べて見ると、PCがフリーズする代表的な原因の一つに「熱暴走」という事が有るそうです。PCは熱に弱く、過熱すると内部部品が痛むので熱暴走を避ける対策が必要だから、メンテナンスには一般的に「冷やした方が快調」な様です。
 動作が止まってしまう事を「freeze、凍結」とは言っても、PCの場合は必ずしも改善対象としての「寒(冷え)」を伴う訳では無い様です。以前の記事『古典の温罨法「熨法」』で、「寒痺内熱!(寒えで気血の流れが塞がって通じない状態には熱を内れなさい!)」の熨法(ウツホウ)の適応原則を紹介した事が有るのですが、人間とPCはそこが大いに違う様です。
 「PCの動作停止」にはビジーの言い方もあり、英語でビジー(busy)は「忙しい」意味です。応答が無く画面に「システムがビジー状態です」と表示されたら、PCが大量の処理を行っているので動作が遅くなっていて、人間に例えると「忙し過ぎて焦って空回りしている状態」だそうです。
 これは意外に良い表現として借用できるのでは?と思いますので、暫くは「リラックスが必要な方にはビジー」、「温める必要の有る方にはフリーズ」で使い分けて見ます。私の主観的な感想ですが、最近は特に「心理的な焦りが、過緊張として身体に現れた苦しさ」の故に来院される患者様が、増加している様に感じますので。

(以下、「滞り」と疎通-2に続く。)

伝統医学の「虚実」(10)、「虚実」の原点-3

 前々回(「虚実」の原点-1)の引用➀では、『孫子』の「虚実」概念を医学に導入し始めた段階で、現在の様に狭義の意味だけでなく、まだ比較的自由に広義に使用している文章として『霊枢』の九鍼十二原篇が解説されて居ました。
 本来はもっと「広義」である事を忘却してないか?、とは藤木先生に既に指摘された事ですが、未だに「狭義」の現在の意味だけが「虛実・補泻」の全てだと思い込んでいるのが鍼灸業界の大多数の現状では無いでしょうか?
 同様の指摘は、他の先人からも有りますので、それを見て置きましょう(➃)。

➃島田『治す悩みをこうして克服した』から要約
「補泻法はすべて『内経』から出発している。時代を経るにしたがって工夫が加わって手技が発展してはいるが、常に出発点に立ち戻ってみる必要が有る。鍼灸は補泻に始まって補泻に終わるが、『内経』は「補泻」を、一般に言う様に「正気を補し、邪気を泻す」とだけ考えている 訳では無い。『霊枢』の冒頭の九鍼十二原篇は「➀虛するときは之を実せしめ、➁満ちるときは之を泄らし、③宛陳するときは之を除き、➃邪の勝つときは之を虛しうせよ」の四原則を示している。①と②は「正気」の虚実に対する補泻を言い、③は虚実には関係無く、鬱滞した気血が在れば取り除くべき事を指摘し、④は邪気が勝っているときは之を泻せ、と言っている。重要なのは②の正気が満ちているときがあり、これに泻法を施さないと病気を引き起こすと見ている点と、③の鬱滞している気血を取り除くのは補泻とは無関係と見ている点である。しばしば「刺絡は血を見るから大変な泻法」と誤解されている。刺絡は補泻とは無関係であり、鬱滞した気と血を疎通させて正気をスムーズに流注させる別の方法である。「九鍼十二原」篇に立ち戻り、原点を見直す必要があるが、見直すとしても、医古文解釈の新しい学問成果を使わないと、古い解釈から抜け出せないと指摘せざるを得ない。」
                         (『島田隆司著作集』下冊103~104頁)

疎通優先

(以下、「滞り」と疎通-1に続く。)




伝統医学の「虚実」(09)、「虚実」の原点-2

 前回(「虚実」の原点-1)では、医学に「虚実」概念を導入した原典の一つとしての『孫子』を挙げました。今回は、他の関連性の深い原典を挙げて見ます(➁③)。


➁「桓寛の『塩論論』は扁鵲のイメージを集約的に表現している。戦国の思想家たちにみられた医術と政治術の類比が登場する。~そこに『老子』第七十七章の「 余り有るは損し、不足するは補う。」が引用されている。『老子』のこの考え方は、気の理論とともに医学に採り入れられて中国医学の根本原則となった。」                 (山田慶兒『夜鳴く鳥』202~204頁より抜粋)

③『老子』第七十七章
「天之道其猶張弓與。髙者抑之、下者擧之。有餘者損之、不足者補之。天之道損有餘、而補不足。人之道則不然、損不足以奉有餘。孰能有餘以奉天下。唯有道者。是以聖人、爲而不恃、功成而不處、其不欲見賢。」
 訓読:天ノ道ハソレ猶ヺ弓ヺ張ルガゴトキカ。高キ者ハコレヲ抑エ、下キ者ハコレヲ挙グ。有余スル者ハコレヲ損シ、不足スル者ハコレヲ補ウ。天ノ道ハ有余ヺ損ジ、而シテ不足ヺ補ウ。人ノ道ハ則チ然ラズ、不足ヺ損ジテ以ッテ有余ニ奉ズ。孰レカ能ク有余ヺ以ッテ天下ニ奉ゼン。唯ダ有道者ノミ。是ヺ以ッテ聖人ハ、為シテ恃マズ、功成リテ処ラズ、ソレ賢ヺ見ワスヺ欲セズ。
 意釈:天の道は、弓に弦を張るときの様だ。上の部分は引き下げ、下の部分は引き上げる。弦が長すぎれば短くし、短すぎればつぎ足す。天の道は有余の所を減らし、不足の所を補う。しかし人の世の道はそれに反して、不足している人を損なって余り有る人に奉る。余り有れば天下の人々に分け与える者は誰であろうか。ただ有道者のみだ。その様にして聖人は、成し遂げてもそれに頼らず、功績にしがみつかず、自分の賢さを人に誇る事も無い。

(以下、「虚実」の原点-3に続く。)

伝統医学の「虚実」(08)、「虚実」の原点-1

 『「形」と「気」-2』では、三部九候論の「形・気・脈」を比較対照する診法について見て置いたのですが、通評虚実論もこれと似た理論構造を持っています。三部九候論を見て、より理解し易く為ったと思うので、また「虚実」の解説へと話の筋を戻します。

虚実篇


蔵書印

➀「虚実は、元々は兵法の概念で、後に医学に転用された。『孫子』の兵勢篇は「兵ノ加ハル所、鐸(タン:重く堅い石)ヺ以テ卵ニ投ズルガ如キハ虚実是ナリ」といい、虚実篇では「兵ノ形ハ実ヺ避ケテ虚ヺ撃ツ」という。これらは常識で判る概念として「虚実」を用い特別な概念規定はしていない。『素問』より少し前と推測される倉公の医学では、まだ「虚実」概念は確立していない。『史記』倉公伝の手記の部分には虚実という言葉は使用されていない。実に対応するのは「過」である様に思われる。一方「淫」の字には過甚の意味があるという。そして、『素問』では淫気という言葉を邪気の意味で使っている篇がある。 「過」と「淫」と「邪」がつながると、倉公伝の「過」は「邪」のことであるとも読める。『孫子』の影響を強く受けた「九鍼十二原」篇では「虚実」という言葉は三通りに使われている。第一は患者の状態で「虛すれば則ち之を実す」の虛(狭義)の様に使う。第二は現在の「補泻」の意味で「虛すれば則ち之を実す」の実とか、「邪勝てば則ち之を虛す」の虛の様に使う。もちろろん別に「補泻」ということばも使っている。第三は補泻の結果を示し、「徐にして疾ならば則ち実す」の実の様に使う。「九鍼十二原」篇での「虚実」はこの様に広義で、まだ広く自由に使われ、現在の様な狭義の使用方に限定されてはいない。また「九鍼十二原」篇では虚と実のどちらであるかだけを判定するのではなく、四つの状態のいずれであるかを考えようとする。すなわち「虛すれば則ち之を実し、満なれば則ち之を泄し、宛陳すれば則ち之を除き、邪勝てば則ち之を虛す」。それが狭義の「虚実」概念が確立すると「満」、「宛陳」、「邪」は全て「実」で表現される。」
                          (『素問医学の世界』145~146頁)

(以下、「虚実」の原点-2に続く。)

伝統医学の「虚実」(07)、「形」と「気」-4

 小口様、『「形」と「気」-1』へのご意見、ありがとうございました。コメントは「望文生義の具体例をもっと挙げて欲しい」との事ですね!必要性に応じた具体化を心掛けて見ます。
 嘗て横行してしまった「体格の虛実」については、特定の個人攻撃に為らない程度に抽象度を下げ、判りやすく極端化した記述をして見ます。
 もし経験豊富な先生が「体重~身長~BMI(Body mass index)~のデップリとした実証体質の患者様でしたが、脈診と腹診で確かめてみると意外に虛証なので処方は~云々」等と、臨床例を解説して下さったとしたら、このご指導には改善点が有りますね!
 日本語でお話し下さっても望文生義?的に曲解されてしまうと、後半の「脈診と腹診~云々」の多角性も省いて意欲的に単純化した「簡便マニュアル」に丸ごと全体をマルッと矮小化されて終まいます。この手の勘違いをした教条主義者は、未だに何処にでも居て珍しくも無いのです。
 『孟子』尽心上には「大匠ハ拙工ノ為ニ縄墨ヺ改廃セズ(大匠不為拙工改廃縄墨)」と云います。これを放置すれば「業界水準の底下げとグレード・ダウン」に繋がって終います。
 所謂る昭和漢方の「体質の虛実」問題は、既に「学会レベルでは訂正されて決着済み」の筈ですので、これ位にして置きます。

(以下、「虚実」の原点-1に続く。)

プロフィール
山口秀敏

関東鍼灸専門学校卒

東京医療専門学校
 鍼灸教員養成科卒

信州医療福祉専門学校付属
光和はりきゅう院 元院長

2000年に岡田研吉氏、岩井祐泉氏と森立之研究会を発足し、現在は事務局長兼講師。

「伝統医療 游の会」を会長・松田博公先生、副会長(2人)・杉山勲先生・足立繁久先生達と立ち上げ、事務局長兼講師。



店舗紹介
長野市若穂綿内  
8568-8
イナダハイツ1号室
(個別指導塾まつがく若穂教室様と同じ建物です)


予約優先制です

予約受付 09:00~11:00,14:00~18:00.

休院日  日曜日
     
     研究会などの為
     不定期で休院の
     場合あります
     電話確認願います

   ☎026-400-1396

施術料 税込1時間
大人3,900、高校生3,000、
中学生2,000、小学生1,000、
幼児800円