蓬松養生院(旧・柳原はりきゅう院)

「森立之研究会」や「伝統医療游の会」など、伝統医学の古典考証や研究を綴ります。

伝統医学の「虚実」(01)、虚実の常識?-1

 「虚実の考証」について、素人向けの解りやすい解説を乞う旨のコメントを頂きました。当院で受療された事のある患者様としてキチンと名乗られた上でのご要望です。また当ブログへの初コメントでも有り、大切にお答えしたいと思いますので、その善し悪し「解ったか?否か?」は、またコメントして頂ける様に期待します。では早速その解説に挑戦して行きます。
 日中の伝統医学では、鍼灸と湯液(薬物療法)で共に「虚実への補瀉」は治療の基礎です。しかし、その「虚実」概念には変遷と混乱があります。

図1

 「虚実の定義」は、従来は『素問』通評虚実論の条文(上記powerpoint画像参照)を古典的根拠として踏襲して来ました。先ずは、その定説の解釈を確認して置きましょう(➀)

➀通評虚実論(S28) 「黄帝問曰、何謂虚実。岐伯対曰、邪気盛則実、精気奪則虚。」
 訓読:黄帝問イテ曰ク、何ヲカ虚実ト謂ハン。岐伯対エテ曰ク、邪気盛ンナレバ則チ実シ、精気奪ワレレバ則チ虚ス、ト。
 定説の意釈:黄帝が「どの様な事を虚実と言うのか?」と問いました。岐伯が「邪気が盛んな
らば実で、精気が奪われれば虚です」と答えました。

 考証学の先達である藤木俊郎先生(以下、敬称略)の解釈を、次に要約引用します。(➁)

➁そもそも、虚実の「定義文」だったのか?
「この(「通評虚実論」の)篇名は1条の虚実を論じているとも思われる所から出ていると思われる。この「邪気盛んなるときは実す、精気奪はるときは虚す」という文の歴史的な意味を検討したい。原著者はここの虚実には重要な意味を持たせていなかったかも知れない。この虚実は、単に脈状のことであるかも知れない。すなわち脈状が実であるときには邪気が入って居ると考え、脈状が虛であるときには精気が衰えて居るというだけの意味であるという程度の気持ちで書かれたと思われる。しかし、歴史的な機運としては補寫の前提となる虛実の概念を確立しなければならない時期の直前にこの篇が作成されたのではなかったかと思われる。その為に虚実の基本概念を規定するものとして引用されて現在に至るまで教えられている。」(藤木俊郎『素問医学の世界』、績文堂p144~145より)

(以下、「虚実」の常識?-2に続く。)

当院の熨法について(31)、「熨」のイメージ- 6

「熨斗ノシ」についてはこの位にして置きます。
 さて、前々回(「熨」のイメージ-4)の引用文③には「熨」字の古体が「尉」だった、との説が有りましたので、その引用文を再掲して置きます。

「熱した金属の熱と重みにより、布を伸ばすという工夫は中国においても古くからあり、そのような行為を「熨」(「尉:布をしりの下において熱を加え伸ばす」+「火:後世、『尉』が主に敵を鎮圧する武官を指すようになったため、特に火を使うことを強調し別字とした」)と言い、それに用いる道具を「火熨」又は「熨斗(『斗』はひしゃくでその形状をあらわす)」と言った。」(「熨」のイメージ-4,引文③)

 これによれば「布を伸ばす行為」を古くは「尉(イ:尻に敷いて座った圧力で折り目を付けて皺シワを延ノばす事)」と言っていたが、後に「尉イ」が主に敵を鎮圧する武官を指す文字になったため、特に火を使うことを強調した「熨ウッ」字に変化した、と云う事になります。
 今回は、その「熨ウッ」字の古体とされる「尉イ」字について確認します(以下➀~➃)。

➀「尉1;軍隊における階級(大尉・中尉・少尉)。2;中国の王朝における官職。3;日本の律令制下における官職、五衛府の判官(例:左衛門尉サエモンノジョウ)。4;朝鮮王朝における国王の婿の爵号。」(Wikipediaより抜粋)

➁「尉、音読み:イ、 ジョウ。訓読み:おさえる、 やすんじる。1;軍隊・自衛隊の佐に次ぐ階級。2;中国、秦・漢時代の官名の一。軍事・警察を担当(校尉・廷尉・都尉)。3;律令制で、衛府(えふ)・検非違使(けびいし)の第三等官。→判官(じょう)。」
                             (Weblio辞書より抜粋)

③-1『集韻』「尉,古作㷉(尉ハ,古ハ㷉ニ作ル)」
 -2『広韻』「俗作熨(俗ニ熨ニ作ル)」      (『今昔文字鏡16万字版』より)

➃「『尉繚子(ウツリョウシ)』の「尉ウツ」は人の姓、「繚リョウ」はその名、「子シ」は尊称である。ちなみに「尉」という字は、ふつう「イ」と読ませているが、姓の場合は「ウツ」と読ませてきた。『尉繚子』は、尉繚ウツリョウという人物にゆかりのある兵法書だ。『尉繚子』の書き出しは、「梁の恵王、尉繚子に問うて曰く…」となっていて、尉繚が梁の恵王と会って富国強兵の策を説く設定になっている。
 兵法書『尉繚子』は漢代以前、すなわち戦国時代にはすでに書かれていた可能性が高い。1973年、山東省の銀雀山漢墓出土の竹簡から、現存『尉繚子』と同じ内容の残簡が発見され、すでに漢代初期には流布していたことが実証された。」
        (守屋洋;守屋淳、全訳・武経七書2『尉繚子』Kindle版.前書きより抜粋)

 以上を要約すれば、「熨ウッ」の原字は「尉」よりも「㷉(示の部分が※外字『二の下に火』)」字の方がより古い本来の字形です。③によれば「尉」字の「示」の部分は「※外字(二の下に火)」になった「㷉」字に作っていました。「㷉」が本字で、その俗字体が「熨」だった、と云う事に為ります。
 ➀と➁によれば、中国の武官名としての「尉」は秦代には既に存在していました。また、➃の人名「尉繚ウツリョウ」については『史記』秦始皇本紀にも記録があり、「秦王・政に仕えて重用された」(守屋訳前掲書、前書きより)との事なので、秦に仕えた時の「官名」だった可能性は大いに有り得ます。
 つまり、兵書『尉繚子ウツリョウシ』の「尉ウツ」は人の「姓」、と云うよりは「武人としての称号・官名」を表すと考えた方が自然なのでは?と思うのですが、今回は深入りしないで置きます。
 それよりも、秦代から「尉」字であっても、「イ」では無く「ウツ」とする読み方の実例が在ったのです。故に、「熨」字の古体が「尉」であったとしても、必ずしも「イ」では無く「ウツ」と読んでも差し支えは無い筈です。
 それを確認できた事が嬉しいので更に解字にも挑戦して見ます。「示」の部分が「※外字(二の下に火)」になった本字「㷉」の本義「座り圧しの皺シワ延ノばし」について、解字で考えて見ましょう(以下➄)。

➄「㷉(熨)」=尸(しり)+※外字「二の下に火」(並べて火熱で伸ばす)+寸(手で上からおさえる)
と分解できる。「熨・㷉」とは、尻シリの下に物を並べて重しをかけ、さらにアイロン(熨斗)で加熱して「皺を伸ばし」、折り目の「乱れを正す」意味が生じ、それが転じて「鎮圧する」意にもなった。
 そして「鎮圧が役目の武官」の意味には「火」を使わないので、「熨」から「火」を取った字形「尉」に変化した。

 以前(「熨」のイメージ-4)に、「游の会」合宿で「熨法」は「ウツホウ!」と強調したのですが、「イホウ」としつこく読まれてしまい、一旦訂正を諦めた話を書きました。しかし、今回の追加確認をした事で、再び「熨法ウツホウ!」と主張する勇気が湧きました。
 「游の会」は、コロナ騒動で中止に為ったままです。延期されたオリンピックは本当に今年は開催されるのでしょうか?未だ見通しは付かないのですが、次回合宿の開催が許される時期が来たら、今度こそ決意して「熨法ウツホウ」の周知に挑戦してみます。
 そして、自らの覚悟が足りず、勉強不足で消化不良だったから「鬱々と気が晴れ無い」ままで居た事に気付けたのは、予想外の収穫でした。(´д`)


(「当院の熨法について」は一旦中断します。次回から「虚実」の解説を連載します。)m(_ _)m

当院の熨法について(30)、「熨」のイメージ-5

 前回は当院の新しい方法と用具の呼称を一応決めた話でした。
 新しい温熱器具の呼称は、「熨筒ウットウ」です。それは、現代日本語の「熨斗ノシ」の元に為った漢代中国語「熨斗ウット」に因んで造語しました。
 「熨斗ウット」は「火熨斗ヒノシ」を指す古代の柄杓型のアイロンで、金属製の重量の有る斗(ト:柄杓ヒシャク、木製の柄で断熱し手が焼けない構造の道具)に炭火を容れて、その火熱と重みで加熱・加圧して布の皺延ばしをする道具です。
 それを「火で伸ばす物」の意で、日本では「ヒノシ」と訓じて来たのですが、それに相当する英語由来の「アイロン」に代替されてしまったので、その後「火熨斗ヒノシ」の語は廃れてしまい、「熨斗ノシ」の言葉遣いだけが、転化した「熨斗鮑ノシアワビを象徴する飾り」の意味でのみ残りました。しかし中国語では今も猶お「熨斗:yùndǒu:ユンドウ」がアイロンの意に使われ続けて居ます。
 「患者様にアイロン掛け・・・云々」等と言ってしまうと、如何にも「残酷な苛め」の印象を与え兼ねないので、解説を追加します。私の熨法の手順は、先ず、➀燃焼中の熨筒を右手に持って、折り重ねたタオルの上に当てて加熱します。次いで、➁その熱したタオルをミトンをはめた左手で熱伝導の速度を加減しながら加圧して施術箇所を温熱します(「熨法」とは?-3参照)。
 火熨斗と対照して見ると、先ず重ねたタオルに畜熱して行く➀の「加熱段階」は、布を加熱するアイロンがけと似て居ます。次に熱く為って蓄熱したタオルを圧して温熱を伝えて行く➁の「加圧段階」は、言わば「筋膜の皺延ばし」の様にも連想できるので、これもまた「シワノバシ」としてアイロンと似て居ると言えます。
 「➀加熱段階」での要点は、重ねるタオルの枚数調整です。厚手のタオルを沢山重ねた方が断熱の層が厚く為り、「蓄熱容量が増大」するので、熨筒の強大な火熱を充分に吸収させて「利用可能な状態で蓄熱」出来ます。但し、「欲張って蓄熱」しようとする余りに「枚数を多くし過ぎ」ると厚味を増した断熱層を透過して伝導させる為には加熱量を増やさざるを得無いので、断熱層の表面温度が上がり過ぎて燃え始めてしまいタオルに焦げ穴を開けて終います。無駄にタオルを焼失しないためには不燃限度を超えない範囲内での加熱になる様に枚数調整します。
 「➁加圧段階」での要点は、圧し方の加減です。ミトンをはめた左手での「温熱の加減」は、素早く加圧すれ熱の透過伝導が早く為るので「熱く為り」ますが、ユックリ加圧すれば「徐々に温まり」ます。「熱つ過ぎる」と感じた場合には、左手の加圧を緩めれば温熱は「ぬるく為り」ます。加圧を止めて終えば、自然に放熱して「冷めて行く」ので、もし「熱い!」と言われたら左手を放して終えば徐々に冷めます。蛇足ながら、更にタオルを剥いでバタバタ扇げば、空冷されて「寒く為り」ます。
 私はこの様な臨床を重ねる内に、古典的な世界観で見れば「この熨法」は「軽量小型化した火熨斗(ヒノシ)の治療への転用」に相当するのでは?との感想を持つに至りました。

(「熨」のイメージ-6へ続く)

プロフィール
山口秀敏

関東鍼灸専門学校卒

東京医療専門学校
 鍼灸教員養成科卒

信州医療福祉専門学校付属
光和はりきゅう院 元院長

2000年に岡田研吉氏、岩井祐泉氏と森立之研究会を発足し、現在は事務局長兼講師。

「伝統医療 游の会」を会長・松田博公先生、副会長(2人)・杉山勲先生・足立繁久先生達と立ち上げ、事務局長兼講師。



店舗紹介
長野市若穂綿内  
8568-8
イナダハイツ1号室
(個別指導塾まつがく若穂教室様と同じ建物です)


予約優先制です

予約受付 09:00~11:00,14:00~18:00.

休院日  日曜日
     
     研究会などの為
     不定期で休院の
     場合あります
     電話確認願います

   ☎026-400-1396

施術料 税込1時間
大人3,900、高校生3,000、
中学生2,000、小学生1,000、
幼児800円